生きて変わったのは

最遊記歌劇伝 ーBurialー 。


その魅力をすっごくお伝えしたい気持ちだけがあって、実際には伝わらないザコ記事を書きました。あとキャストが好きになりすぎて、小学生並みのザコ画力ですがイメージ図も描きました。


その前にまず満を持して(?)最遊記についてじっくりと話そう。
私が人生で一番オススメする、みんなに読んでほしい漫画。「最遊記」


ここでまず最遊記に興味を持って、この記事を読んでくださっている方がいるとしたら、
まず、原作を読んでください。まず原作を読んでくださいね!(大事なことなのでry)
それから男性にもオススメできるってことをハッキリ言いたい!女性向けとは思うけど、胸にグッとくる、考えさせられるストーリーやキャラのカッコ良さは格別です。可愛いやおねちゃんもいるし。峰倉かずや先生の絵は基本的にいつでも色気が出過ぎるんです。質感の表現力がハンパないのでリアルでえろいです。脱線した。


〜最遊記歌劇伝 Burial にまんまとハマるまでのオススメルート〜
①「最遊記RELOAD」全10巻を買って読む


まずは1巻だけでも!!1巻の面白さがハンパないです。(完全主観)
もう1巻は永遠に読んでるもん。1話「RUN」は、ギャグ全開の三蔵一行紹介回なので、終始ニヤニヤニヤニヤして読める。2話「snow drop」はむちゃくちゃ好きなんだけど、切なくてやるせなくて涙します。この話を小学生の時に読んだ私の衝撃たるや。3話「3years ago」は過去のお話。ちょこっと出てくる過去の話がグッときます。この時点でかなりこいつら4人の人間性が好きになってくる。4話の気になる続きは2巻へ(笑)
個人的に、「最遊記RELOAD」は画風もストーリーも一番好き。一番良いと思う。


②ハマったら、リロードよりも昔の話である「最遊記」全9巻を買って読む


リロードの1巻だけちらっと読んで先にこっち読むのも良いよね。っていうか本来はこっちを最初に読むべきなんだけども。画風がちょっぴり古いです。でも途中からリロードと同じ画風になっていく。
「最遊記」は、楽しい遠足長い旅のはじまり〜4人の出会いを描いた「BE THERE(紅(アカ)の呪縛)」〜「カミサマ篇」。が描かれています。4巻の八戒さんが全体的にドエロくて死にます。(完全主観)でもやっぱり5巻が大好きだ。「BE THERE」。多分アニメ版タイトルの「紅の呪縛」の方が、ファンの間で馴染みがあるのかな?


③OVA「最遊記RELOAD -burial- 」全4話を観る


最遊記のアニメ作品では、burial(通称:埋葬篇)を一番オススメしたい。まず絵が美しい。そして作画崩壊してない。イケメン。やったねえ”!!(アニメ版リロード、ガンロックではひどい回がちらほら‥‥w  峰倉先生の絵なんて誰も簡単に真似できないんや……。)
そもそもどんな内容かというと、原作の「最遊記RELOAD」で語られる、4人と月闇コンビの、過去のお話。健邑役の鳥海さんがナイスキャスティングです。適役。
埋葬篇に関しては人生で6回くらいTSUTAYAで借りて観てますね。(逆にリアルな数字やめろ)あのね……埋葬篇って世界観がすごいんですよ!!(説明放棄)夜闇のような過去の暗さ。罪悪感や命の重み。そこにただある月の光だけが、すべてを照らしていた……。もう…全体を通して暗いし辛いが、最遊記の良さをぎゅーーーと凝縮したような作品。これを作ろう!って企画した人すげえなあ。


主題歌がめちゃめちゃ良いんですよ…!!GARDENのLate-show。
歌詞が最高に世界観作り出してるなあ〜と思いきや、峰倉先生が書かれていました。そりゃ良い歌詞だわ。メロディも歌声も最高にエモくてダークネスだなあ〜と思いきや、勇気凛々元気爆発のGARDENさんでした。誰か説明して。でもあれもめっちゃ良い曲よね。ダブル〜バットールで〜燃える〜明日〜♪……と思いきや、その歌、GARDENさんは歌詞を書かれてて、作曲はあの田中宏和さんでした。あの歌詞GARDENが書いたんかーい!!と思わずツッコミ。興味津々意気揚々だわまったくもう。



GARDENのHPにどことなーく狂気を感じる。(笑)Late-showつくった人やぞ。。。イントロ前からやばいよなあ?月が雲に隠されていくような、、、イントロは、江ちゃんが走ってる姿がどうしても浮かぶ。「ぬかるんだ道を 覚えてるかと囁く月」の「月〜〜」のメロディ好き。Bメロもめちゃすこなんよね……Aメロの暗さから開けて……煙草の火種……目印に行〜こうかあああ〜!!!(ダン!ダン!ダン!)月が〜看ていった〜♪僕のレイトショ〜〜♪(ひとり盛り上がり)



あとエンディングテーマも良いです。良い曲です。関さん(三蔵様)の「月に呑まれるか 闇に喰われるか 明日は」が良い声すぎてふふってなると思います。



ちなもに、私が初めて最遊記に出会ったのは、小学生の時にたまたまスカパーでやってたガンロック川流れ回を目撃(事件かよ)したのがきっかけ。半裸のイケメン達が精神世界でざっくんと戦う回ね。衝撃たるや。(笑)
※個人的な意見をノベマス※
最遊記のアニメはだいぶ昔に全部見ましたが、アニメオリジナルの話が多くて、どれもうーーーんな印象でした。特にガンロックのヘイゼル篇はきつかった。仕方ないね。
動いて喋る4人が見れる!……と思いきや作画がたまに崩壊するの。。。声優さんはすっっごく好きですよ!4人とも他の声は考えられない。紅サイドの声優さんも好き!!それに主題歌も良いですよ。リロードはWild Rockのイメージがバリ強い。リロードの表紙を見るとあの歌を思い出す。WAGやdoaの曲すごく好きですよ。なんども言うが、最遊記にはもっと徳山秀典と徳永暁人を酷使してほしい。(言い方)マジで。
あと、うら最も好きでした。タイトルコールから面白い。もうほぼ全部好きだけど、一番は悟空の夢の中に迷い込むやつ。画面外から黒ペンを取り出す八戒さん。あーでも温泉掘り起こすやつも好き(笑)
アニメはリロードとガンロックより、幻想魔伝の方が好きだったりする。オリジナルストーリーも面白かったし。シュールさも面白かったw人によると思うけど。それにとかいう………なんとか界の帝王が登場してな……(小声)焔の話は切なくて好きでしたね。ちょっと長かったけど。


あ、BLASTはまだ見てないんですよぉ〜!(何やってんのコイツ??)早く見たい見たい!って言いながら気づいたらもう冬になっちゃった。BLASTの画風は原作とちょっと違うけど、あれはあれで良いよねえ。


最後にこれ貼っとこう。リロードの1話はめちゃくちゃ推せる。ハヤブサ兄弟。



話は戻って。


④ここまできたら観らずにはいられない。「最遊記歌劇伝 ーBurialー」!


無事ゴールしましたね。(無理矢理感がすごい)
私が歌劇伝に興味を持ったのはやっぱりこの動画を観てからです。



この動画に出会ってしまってから、面白くて何回も観てた。それでBurialをちゃんと観たいなあ〜と思いはじめてた頃に、最遊記原画展が開催されてたんだよね……それを見に行って……うわああああ最遊記やべええええ!→DVD買おう。ってなったね。(ちょろい)
つい先日、おまけでブリミュの記事書いたけど、ミュージカル自体に触れるのははじめてじゃなかったのですんなり、というかブリミュより圧倒的に早く受け入れて楽しんでました。キャストの皆さん、完全再現という形をとらずとも違和感がないのがすごい。唐橋さんとかね、ニイ博士と髪型違うけどほ、本人だ!!ってなったし。実はキャストには詳しくなく、キャラ演じてる時の印象と特典DVDで好きになってます。(ちょろすぎる)



キャストがマジで良い。
キャラのリアルさに圧倒され、その表現力に引き込まれる。特典DVDを見ててさらに思ったけど、キャストさん達のこの作品にかける熱い思いが伝わってくる。どの瞬間を見てもリアルなキャラクター。鈴木拡樹さんは、江ちゃんにも見えるし三蔵様にも見えるからすごい。藤田玲さんは健邑なんだけど、最後には烏哭になってるからすごい。
構成がマジで良い。
玄奘三蔵の章は、光明様が三蔵の行く末を見つめるという形で話が進んで行く。まさに全ては月だけが見ていた物語だな……。健邑と烏哭の掛け合いがあるのも面白い。4人と烏哭の過去があって、今のこの対立関係がある。OPで4人が振り返ってニイ博士と対峙するのはそういう伏線なのか。
テーマ曲がマジで良い。
OPでぶわーってテンション上がる。手を差し伸べる三蔵様が神々し過ぎるなあ?!でも今回は「もっと見せてよ♪〜過去も未来もある僕らは〜♪」に健邑がかぶせてくる形だったから、やっぱりソロバージョンが恋しくなるね……そうだReloadのDVDを買おう。(茶番)健邑の歌が上手いので、これはこれで好きだけど。かぶせてくるとか書いたけど、なんて言う歌唱方法なんだろう?闇と戦うイメージとかなのか。(考えすぎでは)最後は不協和音になって闇に呑まれるのね。4人が一斉に振り返るのかっこいい。
一部のED、最初テンポ遅いの良いよね。「俺を縛るなァ〜!!」好き。倉貫さんの声は好きだな。でもフッキーさんの「ヴア”ア”ア”ア”ア”!!!」もめちゃすき。「消したい過去に♪閉ざされたこのk「埋葬された記憶の彼方〜♪」」すき。ここのメロディ良いなあ。Go to the west(光明)とCrow of the dark night(烏哭)が対になってるのね。っかっこええ…。
二部のED、拡樹さんが頭を下げるタイミングでBGMの音数減るのめっちゃかっこよくない?(細かすぎて伝わらない)主役感。三蔵と健邑、白と黒の対比。健邑が挑発気味に三蔵さん見てくるの良いなあ。EDで全部のテーマ入ってるの良いよね〜!カミサマまで!みかしゅんさんの歌好きだな。「巡る季節が…息吹を与える……」光明の歌う歌詞が良い。「光はいつも……照らすでしょう〜「埋葬された記憶の彼方〜♪」」すき。だいたい「埋葬された〜♪」は食い気味に割り込んでくる……と思いきや!「冷たく澄んだ闇色が空を覆い尽くす……月の灯りが消えぬようにと……!」(4拍)「「「埋葬された記憶の彼方〜♪」」」………超かっこいいじゃねーか!!(ツッコミ)生きるか死ぬか!!死ぬか?!生きーるーゴートゥーザウエーーースッッ!!(ひとり盛り上がり)最後のみなさんのやりきった感。


ほんとBurial買ってよかった……(宣伝かな?)この前、最遊記異聞の舞台公演があったけども、またこの4人キャストで本編やってくれるかな〜。見に行って見たいな〜。
最遊記という作品の奥が深すぎて、この記事書くのに丸3日かかった(何やってんのコイツ?)。色々映像とか漫画とか見てたら「あ〜これも紹介したいよ〜!」ってなって寄り道が多くなりましたが。
私の人生観や趣味趣向にかなり影響を与えた作品。生きるか死ぬかという観点について、三蔵様の名台詞があるんですけど、いつだって全文思い出せる。そうやって辛い日も生きてきた。(笑)


以上、最遊記歌劇伝ブリアルをゴリ推しする記事でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。