Choke down laziness

ファイアーエムブレム、テイルズ、BLEACH、とかの話が多い。
あとたまにバンドとか音楽についてクソみたいなテンションで語り出す。

僕らは進まなくちゃ

ついに30日が明日に迫る。ドキドキワクワク。
BROKEN SCENE TOUR 2017 熊本ですな。


思えばストレイテナーに出会ったのは、高校生の時だったんだんだね。YouTubeでなんやかんや聴いてた時にたまたまシンデレラソングに出会って、「か……かっこよ」ってなってCDを借りたのがきっかけだったね。
一番初めに借りたのが、21st century rock bandだったんだね。正直に話すと、最初に聴いたとき、ROCKSTEADYはそうでもなかったんだけど、TRAVELING GARGOYLEのブレてる歌声に「えっ(困惑)」ってなって聴かなくなっちゃったんだね。具体的に言うと「とび~さ~って~く~の~さ~♪」だね。当時アジカンもすごく好きで聴いてたのに、なんだかトラベリングガーゴイルは気になっちゃったんだね(ゴッチにも失礼)。
でも大学に入ってから、バンドを本格的にやるようになって、なんとなく聴きなおしてみたんだね。すると大ハマりしちゃったんだんだね……。


まずはやっぱりTENDERだな~。一番好きな歌。
ちゃんとロックだけど、どことなく切ない。
やさしく降り落ちる雨のようなギターリフ。
眠る→目覚める の流れほんと好き。そこからのサビ。
すごくシンプルだけど深い曲。
Rain down tenderly…のメロディはジョンレノンのHAPPY XMASを彷彿とさせるよね…と友人(天才)が言ってから、「12月の雨だしなぁ…」と妙に納得した。ホリエさんビートルズ好きだろうし多少はね?いやビンゴかもしれん。


次にREMINDERだね。
一番好きな歌。(あれっおかしいな)
バンドで最後にやった曲だから思い入れあるなー。いや好きだからこそ最後にやったのか。とにかくこの曲を歌わせてもらったことが今も嬉しい。まさに、嬉しかったことを思い出させてくれる曲。
ホリエさんの歌い方研究したなぁ~wテナーで一番聴いた曲かもな~。そして一番練習した曲かも。最後のサビ前の静かになってから、ドラムと一緒に盛り上がるとこ好き。その後のえぐいドラムも好き。毎回バンド練習するときそこになると、友人(天才)と一緒にドラマーの方見てニヤニヤしながらやってたな…楽しかった。
リマインダーのMVほんと好き……何回見たことか…。
ザ・リマインダーズでそれぞれ意気投合するシーン何回見てもニヤニヤする。シンペイとホリエさんがスタジオで音合わせてるときのシンペイの笑顔……(微笑み)それまですっごいニヤニヤしながら見てたのに、最後のサビでドラムと一緒に盛り上がるとこ、ストレイテナーホリエが一心に歌ってる画面出されて、なんかぶわっとこみ上げてくるものがある。ホリエさん!!!!てなる。シンペイが歌ってるのも見てシンペイ!!!!てなる。


リマインダーはテンダーと同じ世界だと思うんだね。12月で時間が止まった街。雨は降り続く。屋根は凍っている。堕天使はレコードをかけ続けた。そして12年後目覚めたとき、止まった時間が動き出した。そこにまた悲しみが戻った…でもそこから何かが変わっていく。壊れた形や消え失せた美しいものを……優しさや悲しみや遠い記憶を、取り戻しに行くよ…。というね。(個人的妄想)


KILLER TUNEはまた全然雰囲気違っててびっくりしたね。当時はあまり聴いたことのない曲調だったかも。なんだこの歌い方…ってなった気がするwwwエイリアンエンジェルがチュチューンチューンなんだなぁ(たのしい)。ちきちきドラムが心地いい。
でもナチュラルボーンよりシングルの方が好きだったりする。でもシングルだと最後のふぁふぁーんふぁーんがないからなぁ(大事)。


DISCOGRAPHYも好きでしたな。
ベースかっけえええってなったね。
ドライなギターも良いけども。2番前の間奏のギター好き。
そして電子音が曲の最後まで残るのも好きなんだね。
MVが安っぽくて草。嫌いとは言ってない。


Melodic Stormはだんだん好きになった曲なんだね。
最初は明るくてキャッチ―過ぎてふーんって感じだったけども。
テナーの代表曲と言われるとなんか違う気がするけど、良い曲。
MVの最後のサビ前の間奏のところで必ず爆笑する。
「!?wwwwww!?!!??wwwwwww」ってなる。


SIX DAY WONDERはああ…世界の終わりだな…っていう空虚感がすごい。
曲調はそんなに暗いわけではないのに、どうやってこの雰囲気を出しているんですか??


TRAINが来てしまったときの高揚感やばいですな。
※来てしまったも何も、シックスデイワンダーの次に来るんだけどね。
リフのかっこよさよ…!
電車が走るような疾走感。
MVがほんとに好きなんだよな~。人生は走り続ける電車の旅のよう。
サビで目を開くの好き。君の口が微かに動いて、次の駅を教えていたんだね。その声は電車の音に消されて、言葉の形を成さず消えてしまったんだね。
トレインもリマインダーテンダーととある関係が(以下割愛)


Little Miss Weekendも好きでしたな。ガラが悪い感じの歌詞と歌い方、良い。
「鳴き声もしねぇ」「もう少しマシな」とか。
りっみすうぃーけん・りっっみすうぃーけんの乱暴なドラム大好き。
最後のサビの上がってくギター良いなぁ。


そこからのLightningは反則級の引き立て方!!(涙)
ライトニングも大好き。一番好きな曲(それやめなさい)。
このホリエさんの声がまた良い。切ない。
AメロとBメロの歌詞繋がってるの好き。
肉体を失ってもこの思いだけ。
実体のないあの空に手を伸ばして…。
最後のサビに入る前の盛り上げで泣きそうになる。
うーん、シンプルな構成の曲なんだけど、すごく壮大というか、ドラマチック。
MVも頭の中で再生できる。曲調に反して雷が激しいのがカッコイイ。


CLONEも好きでしたな…(全部好きです)。
イントロの神曲感ね。(どんなだ)
メロディの運び好き。「古い映画の~役者の」「傷つけあっていたよ」とか。
済んだ黒い目で何を見ているの……かざした白い手で何を掴んだの……とかの歌詞や、クローンというタイトルを鑑みても物語性をすごく感じる。


Man-like Creaturesは衝撃的だったんだね。
タイムループしているような感覚。ギターのディレイのせいだね。
不思議な空気。MVの影響もあるかもしれないね。ギターのハンマリングに心奪われる。
2番の間奏ほんと好き。暗い森を走り抜けて、一気に明るい空間に出たような開放感。
この部分はぜひライブで聴きたい一曲。
歌詞が暗すぎることに気が付かない。


VANISHはVANDALISMと印象が被りますな(正直)。
2番の最初のダカダン!!ってドラム好き。
MVが面白すぎて気を取られてるうちになにかよくわからぬまま終わる。
OJがイケメン主人公。シンペイ怖すぎる。ひなっちは違和感なくておもろい。人間の動きしないホリエさんはノーコメントで。石毛最強説。


VANDALISMはまた雰囲気がこれまでと違ってるんだね。
これはライブでどうなるのか聴いてみたい。
でもシングルの方が好きだったりする(デジャヴ)。プロトタイプもこれはこれで新しいと思うんだけどね。


羊の群れは丘を登る。
ロックなのに切ない。非常にエモい。ギターリフかっこよすぎ。
サビの歌詞がメロディと見事にマッチしてる。
サビの歌詞好き。(強調)やるせなさすら感じる歌詞にこのメロディで鳥肌。
最後のサビの「このー目ーで~」っっダン!!ってなるの好きなんですよ~(細かい)


シンクロでまた違った表情を見せるんだね。
ここでホリエさんの声が好きだと気づきましたな(遅め)。
MVでホリエさんが好きだと気づきましたな(人として)。
最後の歌詞すき。あの日の約束は果たせなかった…。でもそれも僕の一部。


From Noon Till Dawnでアルバムの締めがびしっと決まってるんだね。
なにもかもがカッコイイ曲。ギターリフも、早打ちドラムも、詰め込み歌詞も歌い方も、オーケストラも、MVも。オケなしバージョンも結構好きよ。
もうBehind The Tokyoのせいで、イントロは脳内で「ラストぉー!!フロム・ヌーン・ティル・ダウン!!」って言っちゃう。
途中でナイトクルージング始まるのほんと好き。海が見える…。


あ、あれ…?ほんとはCOLD DISCの感想を描こうと思ってたんだけどなんかすり替わってない…??あーー明日が楽しみで眠れない(子供か)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。